HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問94) 疾患別リハビリテーションに規定されている「経験を有する」という規定は、具体的に…

(問94) 疾患別リハビリテーションに規定されている「経験を有する」という規定は、具体的に…

(問94)
疾患別リハビリテーションに規定されている「経験を有する」という規定は、具体的にはどのようなことか。例えば、「心大血管疾患リハビリテーションの経験を有する専従の常勤理学療法士又は、常勤看護師」とあるが、ここにいう経験とはどのようなものか。


(答)
専門的な研修の例としては、平成18年4月1日現在では、心大血管疾患リハビリテーションについては、日本心臓リハビリテーション学会の認定する心臓リハビリテーション指導士の研修、呼吸器リハビリテーションについては、日本呼吸器学会等の認定する呼吸療法認定士の研修等がある。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成18年3月31日事務連絡


コメントを残す