HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問138) 「通則4の3」で、同一の疾患等に係る疾患別リハビリテーションであっても、言語…

(問138) 「通則4の3」で、同一の疾患等に係る疾患別リハビリテーションであっても、言語…

(問138)
「通則4の3」で、同一の疾患等に係る疾患別リハビリテーションであっても、言語聴覚療法に係る疾患別リハビリテーションや障害児(者)リハビリテーションについては、別の保険医療機関でも算定できるとされたが、その場合、初・再診料等についてもそれぞれの医療機関で算定してよいのか。


(答)
よい。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成22年3月29日事務連絡


コメントを残す