HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問98) 除外対象疾患として「重度の頸髄損傷」の「重度」の基準があるのか。身体障害者手帳…

(問98) 除外対象疾患として「重度の頸髄損傷」の「重度」の基準があるのか。身体障害者手帳…

(問98)
除外対象疾患として「重度の頸髄損傷」の「重度」の基準があるのか。身体障害者手帳の等級であれば何級程度か。


(答)
医師が、算定日数上限を超え、継続的にリハビリテーションを行うことにより症状の改善が見込まれると診断したもの。特段の規定はないが、定期的に評価を行い、症状の改善が認められている必要がある。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成18年3月31日事務連絡


コメントを残す