HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問24)「医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連…

(問24)「医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連…

(問24)「医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連する事項等について」の一部改正について(平成28年3月25日保医発0325第8号)によると、「目標設定等支援・管理料を算定してから3月以内に、当該支援によって紹介された事業所において介護保険におけるリハビリテーションを体験する目的で、同一の疾患について医療保険におけるリハビリテーションを行った日以外に1月に5日を超えない範囲で介護保険におけるリハビリテーションを行った場合は、医療保険における疾患別リハビリテーションから介護保険におけるリハビリテーションへ移行したものとはみなさない。」とされているが、こうした取り扱いとできるのはどの程度の期間か。



(答)当該取り扱いは、介護保険におけるリハビリテーションを体験する目的であることから、一か所の通所リハビリテーション事業所につき、3月を超えることができない。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡