HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  (問26) H007-2がん患者リハビリテーション料の対象患者は廃用症候群から外れ、入院中…

(問26) H007-2がん患者リハビリテーション料の対象患者は廃用症候群から外れ、入院中…

(問26) H007-2がん患者リハビリテーション料の対象患者は廃用症候群から外れ、入院中はがん患者リハビリテーション料を算定するが、退院後の外来では廃用症候群でのリハビリテーションを行えばよいのか。


(答) がん患者リハビリテーション料は外来で算定できない。退院後は患者の状態に応じて、適切なリハビリテーション料を算定いただきたい。


疑義解釈資料の送付について(その4)
平成26年4月23日事務連絡


コメントを残す