HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H002 運動器リハビリテーション料 >  (問14) 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の届出をしている医療機関にて、どのような場合に…

(問14) 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の届出をしている医療機関にて、どのような場合に…

(問14)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の届出をしている医療機関にて、どのような場合に運動器リハビリテーション料(Ⅱ)を算定するのか。


(答)
外来患者に運動器リハビリテーションを提供する場合又は、関節の変性疾患、関節の炎症性疾患その他の慢性の運動器疾患により、一定程度以上の運動機能及び日常生活能力の低下を来している患者(当該疾患の手術後の患者は除く。)であって入院中の患者に運動器リハビリテーションを提供する場合は運動器リハビリテーション(Ⅱ)を算定する。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成22年4月30日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す