HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H002 運動器リハビリテーション料 >  (問111) 「あん摩マッサージ指圧師等の従事者が訓練を行った場合については、当該療法を実…

(問111) 「あん摩マッサージ指圧師等の従事者が訓練を行った場合については、当該療法を実…

(問111)
「あん摩マッサージ指圧師等の従事者が訓練を行った場合については、当該療法を実施するに当たり、医師又は理学療法士が事前に指示を行い、かつ事後に当該療法に係る報告を受ける場合にあっては、所定点数の80点を算定できる。」となっているが、毎回の訓練において指示が必要なのか、また事後報告については、実施記録への理学療法士のサイン等が必要なのか。


(答)
毎回の訓練に於いて、リハビリテーション実施計画及び患者の状態等に基づく指示が必要である。ただし、症状が安定しており、同じ療法を一定期間継続する場合などにおいては数日分まとめて指示をすることも可能である。
また、事後報告に関し実施記録を利用する場合には、報告を受ける者による確認後のサインが必要である。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成18年3月31日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す