HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H003-2 リハビリテーション総合計画評価料 >  (問116) リハビリテーション総合計画評価料は算定できる期間に上限はないのか。…

(問116) リハビリテーション総合計画評価料は算定できる期間に上限はないのか。…

(問116)
リハビリテーション総合計画評価料は算定できる期間に上限はないのか。


(答)
上限はない。算定要件を満たすリハビリテーション総合実施計画書を作成して、患者に交付した場合にはリハビリテーションの開始時期や実施期間にかかわらず算定できる。従って、標準的算定日数の上限を超えても(1月に13単位に限り算定できる場合を含む。)引き続き算定できる。

疑義解釈資料の送付について
平成20年3月28日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す