HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H003 呼吸器リハビリテーション料 >  (問146)呼吸器リハビリテーションについて、「疑義解釈資料の送付について」(平成20年3…

(問146)呼吸器リハビリテーションについて、「疑義解釈資料の送付について」(平成20年3…

(問146)呼吸器リハビリテーションについて、「疑義解釈資料の送付について」(平成20年3月28日事務連絡)で「術前に呼吸器リハビリテーションを開始した場合、手術後の治療開始日を改めて標準的算定日数の算定開始日とできるのか。」という問に対し「可能である」とある。これは平成28年4月以降も適用されるか。また、初期加算、早期リハビリテーション加算についても同様の取扱いとなるか。



(答)標準的算定期間についての取扱いは変わらない。早期リハビリテーション加算及び初期加算について、術前のリハビリテーションについては治療開始日から算定できる。術後のリハビリテーションに係る早期リハビリテーション加算及び初期加算については、手術から7日目又は治療開始日のいずれか早いものから30日及び14日に限り算定できる。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡