HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H003-4 目標設定等支援・管理料 >  (問10)目標設定等支援・管理料を算定した上で、脳血管疾患等リハビリテーションを実施してい…

(問10)目標設定等支援・管理料を算定した上で、脳血管疾患等リハビリテーションを実施してい…

(問10)目標設定等支援・管理料を算定した上で、脳血管疾患等リハビリテーションを実施している患者に、骨折等別の疾患別リハビリテーションを必要とする疾患が生じた場合に、目標設定等支援・管理料「初回の場合」を再算定することが可能か。



(答)可能である。ただし、リハビリテーションを必要とする疾患が2つ以上にわたる患者であっても、患者の状態を総合的に勘案した目標設定等支援・管理料が行われることが適切であり、「初回の場合」を再算定した後に、継続して目標設定等支援・管理料(2回目以降の場合)の算定が必要な場合は、3月に1回の算定に限られること。


疑義解釈資料の送付について(その7)
平成28年9月15日事務連絡