HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第7部 リハビリテーション >  [疑義]H004 摂食機能療法 >  (問114) 摂食機能療法の算定制限が緩和され、「治療開始日」から3月以内は毎日算定できる…

(問114) 摂食機能療法の算定制限が緩和され、「治療開始日」から3月以内は毎日算定できる…

(問114)
摂食機能療法の算定制限が緩和され、「治療開始日」から3月以内は毎日算定できることとなったが、治療開始とはどのような場合か。ある疾患で入院中に摂食機能療法を実施した後に退院し、1月後、同じ疾患が悪化したために再び摂食・嚥下機能が低下し、再び摂食機能療法を開始した場合にはどうか。


(答)
ある疾患により摂食・嚥下機能に障害を来して、摂食機能療法を新たに開始した日を治療開始日とする。また、摂食機能療法により、経口摂取が可能となり摂食機能療法を終了した後、病状の悪化等により再び摂食機能療法を開始した場合は、その開始日を「治療開始日」として再び算定できる。その際、摘要欄に治療開始日等を記載すること。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成18年3月31日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]

コメントを残す