HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第8部 精神科専門療法 >  [疑義]I002 通院・在宅精神療法 >  (問27)通院・在宅精神療法の算定について、「当該保険医療機関において、3種類の抗うつ薬及…

(問27)通院・在宅精神療法の算定について、「当該保険医療機関において、3種類の抗うつ薬及…

(問27)通院・在宅精神療法の算定について、「当該保険医療機関において、3種類の抗うつ薬及び3種類以上の抗精神病薬の投与の頻度が一定以下であること」を別紙様式40を用いた1月、4月、7月、10月の報告のうち直近のものを用いて判断することが必要となるが、10月においては7月の報告を用いて判断してよいか。また、平成28年9月までは全ての医療機関が条件を満たすものとして扱われるが、平成28年10月についても、同様に条件を満たすものとして扱ってよいか。



(答)いずれもよい。11月、12月、1月の3ヶ月の診療報酬については10月の報告に基づいて判断することになる。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡