HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第8部 精神科専門療法 >  [疑義]I002 通院・在宅精神療法 >  (問24)児童思春期精神科専門管理加算のうち、ロに規定する加算を算定する際には、「発達障害…

(問24)児童思春期精神科専門管理加算のうち、ロに規定する加算を算定する際には、「発達障害…

(問24)児童思春期精神科専門管理加算のうち、ロに規定する加算を算定する際には、「発達障害の評価に当たっては、ADI-R(Autism Diagnostic Interview‒Revised)やDISCO(The Diagnostic Interview for Social and Communication Disorders)等で採用されている診断項目を考慮すること。」とされているが、ADI-R及びDISCO以外に、どの診断用アセスメント・ツールを考慮すればよいのか。



(答)患者の状態に応じ、ADI-R及びDISCOの他、ADOS (Autism Diagnostic Observation Schedule)及びCAADID(Conners’ Adult ADHD Diagnostic Interview for DSM-Ⅳ)日本版で採用されている診断項目を考慮すること。


疑義解釈資料の送付について(その4)
平成28年6月14日事務連絡