HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]第8部 精神科専門療法 >  [疑義]I003-2 認知療法・認知行動療法 >  (問29)認知療法・認知行動療法について、「『1』、『2』及び『3』は、一連の治療において…

(問29)認知療法・認知行動療法について、「『1』、『2』及び『3』は、一連の治療において…

(問29)認知療法・認知行動療法について、「『1』、『2』及び『3』は、一連の治療において同一の点数を算定する。ただし、『3』の要件を満たす場合のうち、医師と看護師が同席して30分以上の面接を行った日に限り、『1』の点数を算定できる。」とあるが、一連の治療において、「1」を算定すべきものと「2」を算定すべきものが混在する場合、どのように算定すればよいか。



(答)一連の治療において、やむを得ず「1」を算定すべきものと「2」を算定すべきものが混在する場合に限り、それぞれにおいて算定すべき点数を算定してよい。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡