HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]大病院定額自己負担 >  (問33)特定機能病院及び一般病床(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2第2項…

(問33)特定機能病院及び一般病床(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2第2項…

(問33)特定機能病院及び一般病床(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2第2項に規定する指定発達支援医療機関及び同法第40条の2第2号に規定する医療型障害児入所施設に係る一般病床を除く。以下同じ。)の数が500床以上の地域医療支援病院は、既に平成28年3月31日までに病床数が200床以上の病院について受けた初診・再診に係る特別の料金等の内容の定めについて地方厚生(支)局長に報告を行っている場合であっても、特定機能病院及び一般病床500床以上の地域医療支援病院の初診・再診に係る特別の料金等の内容の定めについて改めて報告する必要があるか。



(答)特別の料金の徴収額に変更がない場合も含め、特定機能病院及び一般病床500床以上の地域医療支援病院の初診・再診に係る特別の料金等の内容の定めについて改めて報告する必要がある。


疑義解釈資料の送付について(その4)
平成28年6月14日事務連絡