HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]その他 >  (問11) ① 精神科救急入院料、精神科急性期治療病棟入院料、精神科救急・合併症入院料の施…

(問11) ① 精神科救急入院料、精神科急性期治療病棟入院料、精神科救急・合併症入院料の施…

(問11) ① 精神科救急入院料、精神科急性期治療病棟入院料、精神科救急・合併症入院料の施設基準における新規患者割合及び在宅移行率は届出受理後の措置等の暦月で3か月を超えない期間の1割以内の一時的な変動の場合は届出を要しない旨の規定が適用されるか。
② また、精神病棟入院基本料及び精神療養病棟入院料の精神保健福祉士配置加算の在宅移行率についてはどうか。


(答) ① 適用される。精神科救急入院料等の新規患者割合、在宅移行率については、1割以内の一時的な変動により基準を下回った場合は3か月まで届出が猶予される。
② 適用されない。


疑義解釈資料の送付について(その8)
平成26年7月10日事務連絡


コメントを残す