HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]その他 >  (問91) 内法の義務化について、既に壁芯による工事が完了している場合や、壁芯による設計又…

(問91) 内法の義務化について、既に壁芯による工事が完了している場合や、壁芯による設計又…

(問91) 内法の義務化について、既に壁芯による工事が完了している場合や、壁芯による設計又は工事に着手している場合であって、平成26年4月1日以降に届け出ることとなった場合であっても、平成27年4月からは内法が義務化されるのか。


(答) ・壁芯による工事が完了している場合
・壁芯による設計又は工事に着手している場合であって、平成27年3月31日までに届け出たものについては、増築又は全面的な改築を実施するまでの間は、内法は免除される。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す