HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]ヘリコバクター・ピロリ除菌治療 >  (問5)抗菌薬が胃炎に適用拡大される前(平成25年2月21日より前)に、胃炎と診断されて…

(問5)抗菌薬が胃炎に適用拡大される前(平成25年2月21日より前)に、胃炎と診断されて…

(問5)
抗菌薬が胃炎に適用拡大される前(平成25年2月21日より前)に、胃炎と診断されている患者に対して除菌治療ができるのか。


(答)
内視鏡検査にて胃炎が診断されている者で、かつヘリコバクター・ピロリ陽性が確認されている患者に限る。診断時の内視鏡検査の所見を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。
なお、平成25年2月21日より前に自由診療により行った除菌治療については保険診療の適用とはならないが、平成25年2月21日以降に実施した除菌判定等に係る費用については、保険診療の適用となる。

疑義解釈資料の送付について(その13)
平成25年3月28日事務連絡


コメントを残す