HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]ヘリコバクター・ピロリ除菌治療 >  (問5) 「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」(平成12年1…

(問5) 「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」(平成12年1…

(問5) 「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」(平成12年10月31日保険発第180号)の「8 その他」において、「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療については、関係学会よりガイドラインが示されているので参考とすること」とされている。日本ヘリコバクター学会の「H. pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009 改訂版」においては、抗H. pylori 抗体測定法について「潰瘍治療薬の服用中、服用中止直後、(中略)において有用である」とあるが、当該通知2(1)で掲げられている感染診断の検査法のうち、④抗体測定をプロトンポンプ阻害薬(PPI)を休薬せずに実施した場合、当該検査の費用は算定できるか。


(答) 算定できる。


疑義解釈資料の送付について(その13)
平成27年3月30日事務連絡


コメントを残す