HOME >  疑義解釈 >  医科診療報酬点数表関係 >  [疑義]患者申出療養 >  (問196)申出に係る相談を実施中に、患者が亡くなった場合でも申出を行うことはできるのか。…

(問196)申出に係る相談を実施中に、患者が亡くなった場合でも申出を行うことはできるのか。…

(問196)申出に係る相談を実施中に、患者が亡くなった場合でも申出を行うことはできるのか。



(答)患者申出療養の申出は、治療を受けようとする本人が行うこととされているが、既に行われた申出は、全ての被保険者に対し影響を及ぼすものである。したがって、申出に係る相談の段階で患者が亡くなった場合、申出を行うことはできないが、申出を行った後に亡くなった場合には、その効力は引き続き有するものである。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]