HOME >  疑義解釈 >  [疑義]記載要領 >  (問186) 問192で認められる場合、例2及び例3の翌月診療分において、薬剤の投与がない…

(問186) 問192で認められる場合、例2及び例3の翌月診療分において、薬剤の投与がない…

(問186)
問192で認められる場合、例2及び例3の翌月診療分において、薬剤の投与がない場合、調剤料のみを記録することでよろしいか。


(答)
差し支えない。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成24年3月30日事務連絡


コメントを残す