HOME >  疑義解釈 >  [疑義]明細書 領収証 >  (問6) 医科、歯科の両方が存在する医療機関においては、医科の部、歯科の部をあわせたレイア…

(問6) 医科、歯科の両方が存在する医療機関においては、医科の部、歯科の部をあわせたレイア…

(問6)
医科、歯科の両方が存在する医療機関においては、医科の部、歯科の部をあわせたレイアウトを考える必要があるのか。


(答)
医科点数表、歯科点数表のそれぞれ各部単位で記載する。なお、各点数表の部単位で記載されるものであれば1枚でよい。

疑義解釈資料の送付について(その2)
平成18年3月28日事務連絡


コメントを残す