HOME >  疑義解釈 >  [疑義]明細書 領収証 >  (問5)暫間固定を算定した場合において、診療報酬明細書の「摘要」欄に「前回実施年月日(初回…

(問5)暫間固定を算定した場合において、診療報酬明細書の「摘要」欄に「前回実施年月日(初回…

(問5)暫間固定を算定した場合において、診療報酬明細書の「摘要」欄に「前回実施年月日(初回の場合は1回目)」を記載することとなっているが、同一初診期間中に、2箇所以上の暫間固定を行った場合の「前回実施年月日」はどのように記載すればよいか。



(答)暫間固定の「1 簡単なもの」を行った場合は1顎単位で、「2 困難なもの」を行った場合は部位毎に、2回目以降に実施した顎又は部位のそれぞれに対する前回実施年月日を記載する。


疑義解釈資料の送付について(その8)
平成28年11月17日