HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]B000-4 歯科疾患管理料 >  (問1)レジン充填又はインレー修復による治療を行った歯について、充填等を行った歯面と異なる…

(問1)レジン充填又はインレー修復による治療を行った歯について、充填等を行った歯面と異なる…

(問1)レジン充填又はインレー修復による治療を行った歯について、充填等を行った歯面と異なる歯面にエナメル質初期う蝕が認められた場合に、区分番号「B000-4」歯科疾患管理料のエナメル質初期う蝕管理加算又は区分番号「I031」フッ化物歯面塗布処置の「3 エナメル質初期う蝕に罹患している患者の場合」を算定できるか。



(答)充填等によるう蝕治療を行った月の翌月以降に、充填等を行った歯面と異なる歯面にエナメル質初期う蝕が認められた場合は、区分番号「B000-4」歯科疾患管理料のエナメル質初期う蝕管理加算又は区分番号「I031」フッ化物歯面塗布処置の「3 エナメル質初期う蝕に罹患している患者の場合」を算定して差し支えない。その場合は、診療報酬明細書の摘要欄に充填等が行われた歯面とエナメル質初期う蝕の管理を行う歯面をそれぞれ記載する。


疑義解釈資料の送付について(その6)
平成28年9月1日事務連絡