HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]B013 新製有床義歯管理料 >  (問5) 平成22年度歯科診療報酬改定において、義歯管理料の「注4」に規定する加算の対象と…

(問5) 平成22年度歯科診療報酬改定において、義歯管理料の「注4」に規定する加算の対象と…

(問5)
平成22年度歯科診療報酬改定において、義歯管理料の「注4」に規定する加算の対象となる「咬合の回復が困難な患者」の要件の一つとして、「総義歯を新たに装着した患者又は総義歯を装着している患者」であることが示されているが、義歯管理料の対象となっている有床義歯が少数歯欠損に対する有床義歯に係るものであっても、対顎に総義歯が装着されている場合においては、当該加算を算定できると解してよいか。


(答)
そのとおり。ただし、診療報酬明細書においては、対顎が総義歯であることがわかるように「摘要」欄にその旨を記載することが望ましい。

疑義解釈資料の送付について(その3)
平成22年4月30日事務連絡


コメントを残す