HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]C000 歯科訪問診療料 >  (問3) 平成29年4月1日以降、区分番号「C000」歯科訪問診療料の注13を算定する場合…

(問3) 平成29年4月1日以降、区分番号「C000」歯科訪問診療料の注13を算定する場合…

(問3) 平成29年4月1日以降、区分番号「C000」歯科訪問診療料の注13を算定する場合において、区分番号「C000」歯科訪問診療料の注4、注5、注6、注7、注8及び注12はそれぞれ算定できるか。また、注6が算定可能な場合、歯科訪問診療1、歯科訪問診療2又は歯科訪問診療3のいずれの区分で算定するのか。



(答)区分番号「C000」歯科訪問診療料の注13を算定する場合の各注の算定は以下のとおり。
注4、注5、注7及び注8 算定可
注6及び注12 算定不可
なお、歯科訪問診療料の注4、注5及び注7の加算がある場合は、診療報酬明細書の全体の「その他」欄に注13に当該加算を加算した点数及び回数を記載する。
また、「摘要」欄には、訪問診療を行った日付、実施時刻(開始時刻と終了時刻)、訪問先名(記載例:自宅、○○マンション、介護老人保健施設××苑)及び患者の状態を記載する。


疑義解釈資料の送付について(その9)
平成29年2月23日