HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]C001-5 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料 >  (問2)「疑義解釈資料の送付について」(平成28年3月31日事務連絡)において、無歯顎患者…

(問2)「疑義解釈資料の送付について」(平成28年3月31日事務連絡)において、無歯顎患者…

(問2)「疑義解釈資料の送付について」(平成28年3月31日事務連絡)において、無歯顎患者に対しても在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料の対象になることが示されたが、どの区分で算定するのか。



(答)「1 10歯未満」で算定する。


疑義解釈資料の送付について(その2)
平成28年4月25日事務連絡