HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]C001-5 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料 >  (問24)在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料に係る通知において、「当該指導管理を…

(問24)在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料に係る通知において、「当該指導管理を…

(問24)在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料に係る通知において、「当該指導管理を開始する以前に、区分番号「D002」に掲げる歯周病検査を含む歯周病の治療を実施している場合においては、当該指導管理料は算定できない。ただし、歯周病の治療を開始後に摂食機能障害に対する訓練等が必要となった場合においては、当該指導管理料を算定できる。」との記載があるが、平成28年3月以前において、摂食機能障害を有する患者であって歯周病の治療を行っている場合には、同年4月以降においても、当該管理料は算定できない取扱いとなるのか。



(答)平成28年3月以前において、摂食機能障害を有する患者であって歯周病の治療を行っている場合には、同年4月以降において、在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料を算定して差し支えない。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡