HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]I010 歯周疾患処置 >  (問6)糖尿病を有する患者であって、歯周ポケットが4ミリメートル以上の歯周病を有するものに…

(問6)糖尿病を有する患者であって、歯周ポケットが4ミリメートル以上の歯周病を有するものに…

(問6)糖尿病を有する患者であって、歯周ポケットが4ミリメートル以上の歯周病を有するものに対して、歯周基本治療と並行して計画的に1月間特定薬剤の注入を行った後に症状の改善が認められない場合はさらに継続して特定薬剤を注入することができるか。



(答)1月間特定薬剤の注入を行った後、歯科医学的に必要がある場合にあっては、さらに1月間程度継続して薬剤注入を行って差し支えない。
ただし、最初に1月間特定薬剤を注入した後、改善の傾向が認められない場合においては、診療情報提供のあった医科の医療機関に照会する等、糖尿病のコントロール状態についても確認することが望ましい。



疑義解釈資料の送付について(その6)
平成28年9月1日事務連絡