HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]I011-2 歯周病安定期治療 >  (問32)歯周病安定期治療(Ⅱ)を開始する際の歯周病検査は歯周精密検査を行うこととされ、…

(問32)歯周病安定期治療(Ⅱ)を開始する際の歯周病検査は歯周精密検査を行うこととされ、…

(問32)歯周病安定期治療(Ⅱ)を開始する際の歯周病検査は歯周精密検査を行うこととされ、同月に歯周精密検査は算定できない取扱いとされたが、算定はどのように行えばよいのか。



(答)例えば、
①4月に歯周精密検査を行い、その日から歯周病安定期治療(Ⅱ)を行う場合
②4月に歯周精密検査を行い、4月の他日から歯周病安定期治療(Ⅱ)を行う場合
については、4月は歯周病安定期治療(Ⅱ)の算定を行い、歯周精密検査は算定できない。
また、4月に歯周精密検査を行い、5月から歯周病安定期治療(Ⅱ)の算定を開始する場合については、4月に歯周精密検査を算定して差し支えない。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡