HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]I022 有床義歯床下粘膜調整処置 >  (問10) 模型上で抜歯後を推定して製作する即時義歯について、歯肉の退縮等により比較的早期…

(問10) 模型上で抜歯後を推定して製作する即時義歯について、歯肉の退縮等により比較的早期…

(問10) 模型上で抜歯後を推定して製作する即時義歯について、歯肉の退縮等により比較的早期に行う床裏装は、区分番号「M030」有床義歯内面適合法の注2により所定点数の100分の50に相当する点数により算定する取扱いとなったが、この場合においても床裏装を行う前に区分番号「I022」有床義歯床下粘膜調整処置は算定できると考えてよいか。



(答)床裏装を行う前に歯科医学的に妥当・適切に行われた有床義歯床下粘膜処置については、必要に応じて算定して差し支えない。


疑義解釈資料の送付について(その4)
平成28年6月14日事務連絡