HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]M001 歯冠形成 >  (問13) ブリッジの支台歯形成を行う際、複数日に分けて支台歯形成を行った場合に、それぞれ…

(問13) ブリッジの支台歯形成を行う際、複数日に分けて支台歯形成を行った場合に、それぞれ…

(問13) ブリッジの支台歯形成を行う際、複数日に分けて支台歯形成を行った場合に、それぞれの支台歯形成が完了した日に区分番号「M001」歯冠形成及びブリッジ支台歯形成加算を算定できるか。



(答)ブリッジの支台歯形成を支台歯間の平行関係を確認した場合は、支台歯それぞれの歯冠形成が完了した日に歯冠形成及びブリッジ支台歯形成加算を算定して差し支えない。なお、当該歯冠形成がブリッジの支台歯であることがわかるように、診療報酬明細書の「傷病名部位」欄にブリッジの病名を記載すること。



疑義解釈資料の送付について(その6)
平成28年9月1日事務連絡