HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]M002 支台築造 >  (問14)歯根分割した下顎大臼歯に対して、ファイバーポストを用いて支台築造する場合に、ファ…

(問14)歯根分割した下顎大臼歯に対して、ファイバーポストを用いて支台築造する場合に、ファ…

(問14)歯根分割した下顎大臼歯に対して、ファイバーポストを用いて支台築造する場合に、ファイバーポストの使用本数はどのようになるのか。



(答)当該歯を単位として考え、近心根と遠心根をあわせて2本までの算定となる。
なお、金属歯冠修復の考え方については従前どおり。



疑義解釈資料の送付について(その6)
平成28年9月1日事務連絡