HOME >  疑義解釈 >  歯科診療報酬点数表関係 >  [疑義]M010 金属歯冠修復 >  (問40)金属歯冠修復の「複雑なもの」が「隣接歯との接触面を含む窩洞に行うインレーをいう。…

(問40)金属歯冠修復の「複雑なもの」が「隣接歯との接触面を含む窩洞に行うインレーをいう。…

(問40)金属歯冠修復の「複雑なもの」が「隣接歯との接触面を含む窩洞に行うインレーをいう。」となったが、例えば最後方臼歯の遠心面など、隣接歯がない場合の近心面又は遠心面にかかる窩洞はどのような取扱いになるのか。



(答) 隣接歯がない場合であって、接触面に相当する部位(近心面又は遠心面の最大膨隆部)を含む場合においては、「複雑なもの」として差し支えない。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡

LINEで送る
[`yahoo` not found]