HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]後発医薬品調剤体制加算 >  (問17) 平成26年1月から同年3月までの後発医薬品の調剤数量割合を求めるに当たっては、…

(問17) 平成26年1月から同年3月までの後発医薬品の調剤数量割合を求めるに当たっては、…

(問17) 平成26年1月から同年3月までの後発医薬品の調剤数量割合を求めるに当たっては、具体的にどのようにしたらよいか。


(答) 平成26年度より後発医薬品の調剤数量割合の計算方法が変更されたことに鑑み、これが計算できるように平成24年度薬価基準収載医薬品について、平成26年1~3月現在の各先発医薬品の後発医薬品の有無に関する情報を、厚生労働省ホームページにおいて平成26年3月20日付けで公開しているところである(http://www.mhlw.go.jp/topics/2014/03/tp0305-01.html 5.その他【過去情報はこちら】におけるエクセル表を参照)。具体的な計算はこのリストに基づいて算出すること。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す