HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]後発品の変更 >  (問1)処方せんにおいて変更不可とされていない処方薬については、後発医薬品への変更調剤は認…

(問1)処方せんにおいて変更不可とされていない処方薬については、後発医薬品への変更調剤は認…

(問1)処方せんにおいて変更不可とされていない処方薬については、後発医薬品への変更調剤は認められているが、基礎的医薬品への変更調剤は行うことができるか。



(答)基礎的医薬品であって、平成28年3月31日まで変更調剤が認められていたもの(「診療報酬における加算等の算定対象となる後発医薬品」等)については、従来と同様に変更調剤を行うことができる。
なお、その際にも「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について」(平成24年3月5日付け保医発0305第12号)に引き続き留意すること。



疑義解釈資料の送付について(その7)
平成28年9月15日事務連絡