HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]自家製剤加算 >  (問22)自家製剤加算について「調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基…

(問22)自家製剤加算について「調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基…

(問22)自家製剤加算について「調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合は算定できないこと」とされているが、以下のような場合も同様に算定できないと理解してよいか。
RP A錠200mg 1回1.5錠疼痛時服用
(注A錠と同一有効成分の100mg規格は薬価基準に収載されていないが、300mg規格が収載されている。)



(答)この場合、200mg錠を1.5錠調剤したとしても、同量に相当する300mg錠があるので算定不可。


疑義解釈資料の送付について(その1)
平成28年3月31日事務連絡