HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]薬剤服用歴管理指導料 >  (問20) 薬局において患者からお薬手帳を預かることは認められるか。
また、調剤の…

(問20) 薬局において患者からお薬手帳を預かることは認められるか。
また、調剤の…

(問20) 薬局において患者からお薬手帳を預かることは認められるか。
また、調剤の際に、当該薬局において保管しているお薬手帳により情報提供を行い、薬剤服用歴管理指導料を算定することは認められるか。


(答) お薬手帳については、記載した薬局以外の医療機関等との情報共有を行うこと等を目的とするものであることから、患者が保管し活用することを前提としている。複数のお薬手帳を1つに集約化するために一時的に預かったような場合を除いて、患者にお薬手帳を渡していない状態が持続することは想定していない。
なお、薬局において保管しているお薬手帳に記入等を行った場合は、薬剤服用歴管理指導の要件に係る業務を行ったとは認められない。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡


コメントを残す