HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]衛生材料等の支給 >  (問2) 外来患者については、疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日事…

(問2) 外来患者については、疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日事…

(問2) 外来患者については、疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日事務連絡)において、自己注射に用いる針が特定保険医療材料として設定されていない場合には、医療機関において針を支給することとされており、衛生材料や特定保険医療材料以外の保険医療材料を用いる場合も、原則として医療機関から必要な量の当該材料が提供されるものと考えられるが、自己注射に用いる針等を在宅自己注射に用いる薬剤と一緒に交付するよう処方せんに記載されていた場合においては、自己注射に用いる針等の費用の取扱いについては、在宅患者における取扱いと同様と考えてよいか。


(答) 貴見のとおり。


疑義解釈資料の送付について(その8)
平成26年7月10日事務連絡


コメントを残す