HOME >  疑義解釈 >  調剤報酬点数表関係 >  [疑義]一包化加算 >  (問2) 一包化加算の算定に当たっては、同一銘柄の同一剤形で規格のみが異なる薬剤が同時に調…

(問2) 一包化加算の算定に当たっては、同一銘柄の同一剤形で規格のみが異なる薬剤が同時に調…

(問2) 一包化加算の算定に当たっては、同一銘柄の同一剤形で規格のみが異なる薬剤が同時に調剤された場合(例えば0.5mg錠と1mg錠)は1種類として取り扱うことでよいか。


(答) 貴見のとおり。



疑義解釈資料の送付について(その12)
平成27年2月3日事務連絡


コメントを残す