HOME >  先進医療 >  厚生労働大臣の定める先進医療及び施設基準の制定等に伴う実施上の留意事項及び先進医療に係る届出等の取扱いについて

厚生労働大臣の定める先進医療及び施設基準の制定等に伴う実施上の留意事項及び先進医療に係る届出等の取扱いについて

キーワード:先進医療通知


厚生労働大臣の定める先進医療及び施設基準の制定等に伴う実施上の留意事項及び先進医療に係る届出等の取扱いについて
(平成24年7月31日医政発0731第2号・薬食発0731第2号・保発0731第7号)

最終改正:平成27年5月25日医政発0525第4号・薬食発0525第9号・保発0525第3号

先進医療に係る実施上の留意事項や届出等の取扱いについては、「新成長戦略」(平成22年6月18日閣議決定)、「規制・制度改革に係る対処方針」(平成22年6月18日閣議決定)、中央社会保険医療協議会での議論等を踏まえ、審査等の効率化・重点化を図ることを目的に、平成24年10月1日より従前の先進医療専門家会議及び高度医療評価会議を一本化し、「厚生労働大臣の定める先進医療及び施設基準の制定等に伴う実施上の留意事項及び先進医療に係る届出等の取扱いについて」(平成24年7月31日医政発0731第2号、薬食発0731第2号、保発0731第7号。以下「先進医療通知」という。)において示しているところである。
今般、先進医療の実績報告において、平成26年診療報酬改定の際の先進医療会議構成員等からの指摘及び中医協における実施状況に関するフォローアップの要請があったことから、記載要領及び別紙様式を含む先進医療通知の一部を下記のように改め、平成27年6月4日から適用することとするので、その取扱いに遺漏のないよう、関係者等に対し周知徹底を図られたい。

記以下を別添及び別紙様式のとおり改める。

別添

別紙様式(記載要領、別紙、事前相談申込書)
先進医療に係る通知、届出書等の様式及びその記載要領等について(外部リンク)


コメントを残す