HOME >  通知 >  平成27年4月以降の地域加算の取扱いについて

平成27年4月以降の地域加算の取扱いについて

平成27年4月以降の地域加算の取扱いについて
(平成27年3月27日保医発0327第11号)

地域加算については、「診療報酬の算定方法」(平成20年厚生労働省告示第59号)等の定めにより、「一般職の職員の給与に関する法律」(昭和25年法律第95号。以下「法」という。)第11条の3第1項に規定する人事院規則で定める地域その他の厚生労働大臣が定める地域に所在する保険医療機関に入院している患者について、同令で定める級地区分に準じて所定点数に加算することとしています。
今般、法及び人事院規則の改正により同令で定める地域及び級地区分が見直され、平成27年4月1日より施行されるところですが、平成27年4月1日以降の地域加算の算定に係る地域及び級地区分については、当面の間、なお従前の例によることとするので、その取扱いについて遺漏なきよう、周知徹底をお願いします。
また、「厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱ」(平成24年厚生労働省告示第165号)の別表第四から別表第六に定める地域加算の取扱いについても同様とするので、併せて周知徹底をお願いします。

(参考)


関連リンク:

診療報酬点数表Web 2014
診療報酬の算定方法

DPC 2014
厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱ


コメントを残す