HOME >  通知 >  医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて(平成29年2月24日保医発0224第1号)

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて(平成29年2月24日保医発0224第1号)

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて
(平成29年2月24日保医発0224第1号)

保険診療における医薬品の取扱いについては、厚生労働大臣が承認した効能又は効果、用法及び用量(以下「効能効果等」という。)によることとされているところであるが、「保険診療における医薬品の取扱いについて」(昭和55年9月3日付保発第51号厚生省保険局長通知)により、有効性及び安全性の確認された医薬品(副作用報告義務期間又は再審査の終了した医薬品をいう。)が薬理作用に基づき処方された場合には、診療報酬明細書の医薬品の審査に当たり、学術的に正しく、また、全国統一的な対応が求められているところである。
これを踏まえ、今般、当該効能効果等の適応外使用の事例について、社会保険診療報酬支払基金が設置している「審査情報提供検討委員会」において検討が行われ、別添のとおり検討結果が取りまとめられたところである。
厚生労働省としては、当該検討結果は妥当適切なものと考えているので、その取扱いに遺漏のないよう関係者に対し周知徹底を図られたい。

別添 審査情報提供
社会保険診療報酬支払基金 審査情報提供検討委員会


キーワード

フルオロウラシル,レボホリナートカルシウム,オキサリプラチン,インジゴカルミン注射液


関連リンク

保険診療における医薬品の取扱いについて