HOME >  事務連絡 >  平成26年度診療報酬改定における届出の留意事項及び官報掲載事項の一部訂正について >  2 施設基準の改正により、平成26年3月31日において現に当該点数を算定していた保険医療機関又は保険薬局であっても、平成26年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの

2 施設基準の改正により、平成26年3月31日において現に当該点数を算定していた保険医療機関又は保険薬局であっても、平成26年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの

2 施設基準の改正により、平成26年3月31日において現に当該点数を算定していた保険医療機関又は保険薬局であっても、平成26年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの

(1) 基本診療料については、平成26年4月以降、引き続き以下の項目を算定する場合は届出が必要であるため、留意すること。※
① 一般病棟入院基本料(7対1入院基本料に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
② 特定機能病院入院基本料(一般病棟に限る。7対1入院基本料に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
③ 専門病院入院基本料(7対1入院基本料に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
④ 一般病棟入院基本料の注6に掲げる看護必要度加算1又は2(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑤ 特定機能病院入院基本料の注5に掲げる看護必要度加算1又は2(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑥ 専門病院入院基本料の注3に掲げる看護必要度加算1又は2(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑦ 急性期看護補助体制加算(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑧ 看護職員夜間配置加算(平成26年3月31日において、現に急性期看護補助体制加算の注3に規定する看護職員夜間配置加算の届出を行っている保険医療機関であって、平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑨ 看護補助加算1(一般病棟入院基本料、結核病棟入院基本料又は専門病院入院基本料の13対1入院基本料に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑩ 感染防止対策加算1(平成27年4月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑪ データ提出加算(平成27年4月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑫ 救命救急入院料2又は4(平成27年4月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑬ 特定集中治療室管理料3又は4(平成27年4月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑭ ハイケアユニット入院医療管理料2(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑮ 新生児特定集中治療室管理料1又は2(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑯ 総合周産期特定集中治療室管理料の「2」新生児集中治療室管理料(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑰ 回復期リハビリテーション病棟入院料1(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑱ 精神科救急入院料
⑲ 精神科救急・合併症入院料
⑳ 精神療養病棟入院料

(2) 特掲診療料については、平成26年4月以降、引き続き以下の項目を算定する場合は届出が必要であるため、留意すること。※
① 在宅療養支援診療所(特掲診療料の施設基準通知の別添1の第9の1の(1)に規定するもの(機能強化型・単独型)に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
② 在宅療養支援診療所(特掲診療料の施設基準通知の別添1の第9の1の(2)に規定するもの(機能強化型・連携型)に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
③ 在宅療養支援病院(特掲診療料の施設基準通知の別添1の第14の2の1の(1)に規定するもの(機能強化型・単独型)に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
④ 在宅療養支援病院(特掲診療料の施設基準通知の別添1の第14の2の1の(2)に規定するもの(機能強化型・連携型)に限る。)(平成26年10月1日以降に引き続き算定する場合に限る。)
⑤ 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
⑥ 基準調剤加算1又は2
⑦ 後発医薬品調剤体制加算1又は2


コメントを残す